So-net無料ブログ作成

大雨増水の奈良・広陵町で水深5センチの用水路から男性の死体があがる…の巻 [社会派]

8月5日午前5時半ごろ、広陵町の農道脇にある用水路で、
男性が倒れているのを近くを通りかかった人が見つけて
警察に通報しました。

死亡したのは、広陵町に住む75歳の男性で、
6日、死因は溺死であることが分かりました。

現場の用水路は、幅が1メートル、高さは80センチで、
水深は当時5センチほどだったということです。

男性の額の左側には、転落した際にできたとみられる
切り傷があり、首の骨が折れていました。
家族によりますと、男性は毎日、朝と夜に自転車で
畑を見に行くことが日課で、遺体が発見された前日も、
夕食後に外出していたとみられています。

現場周辺には、街灯などはなく、近くには、
男性のものとみられる自転車が倒れていたことなどから、
警察は、男性が誤って用水路に転落し、
身動きがとれなくなって溺れたものとみて
詳しい状況を調べています。

            引用元 NHK奈良(画像とも)
無題.jpg

人は5センチの水でも死ぬ。
というか、落ちた時にアタマを…。

家族は一晩帰って来ない爺さんを警察の問い合わせが
あるまで放置していたのだろうか…。
各家庭で事情があるので一概には言えないが…。
nice!(55)