So-net無料ブログ作成

シュリンクフレーション!容量やサイズを小さくする事実上の値上げが食品業界に横行の巻 [社会派]

値段は据え置き、容量やサイズを小さくする事実上の値上げ
「シュリンクフレーション」が話題となっている。
原材料費の高騰や消費量の低迷など、メーカー側は
さまざまな理由を挙げるが、背景には何があるのか。

ブルボンは来月17日出荷分から、人気商品「ルマンド」や
「アルフォート」などの5種類のビスケット商品の内容量を
変更すると発表。

ルマンドは13本から12本に、アルフォートは11枚から
10枚になる。同社は「原材料や燃料費、運送費の値上がりが
続き、自助努力だけで対応するのは困難」としている。

カルビーも7月22日、人気菓子「かっぱえびせん」の
1袋の内容量を90グラムから85グラムに減らした。
「サッポロポテト」も85グラムから80グラム、
「さやえんどう」も70グラムから67グラムに
少なくしたという。

ブルボン同様、輸送費や原材料価格の高騰が要因で、
担当者は「自助努力のみでは価格維持することが
極めて困難になった」と説明している。

こうしたシュリンクフレーションとみられる事例は、
ほかにも相次いでいる。

ハウス食品は、レトルトカレーの「カレーマルシェ」を
平成29年2月、1パックの内容量を20グラム減らして
180グラムにした。

商品のリニューアルに際し、電子レンジ対応の特殊な
パッケージに変更した際、外箱のサイズは変えずに
空気抜きの穴を設ける必要があったため、
「どうしても容量を少なくせざるを得なかった」(担当者)。
リニューアルで経費もかかっており、値段を据え置いたという。

明治は、28年に「おいしい牛乳」を1リットルから
900ミリリットルに変えた。
自社の飲用実態調査で牛乳の消費量が過去10年間で
1割落ちたとする結果や1リットルを飲みきるまでの
日数が延びているとする状況を勘案し、
容量を減らす決断に踏み切った。

10月には消費税が8%から10%に上がり、
さらなる「加速」も懸念されるシュリンクフレーション。

公式的に発表しないまま小さくなった商品もあり、
《ステルス値上げ》《スモールチェンジ》などと批判も上がる。

                 引用元 産経新聞全国版
1_20170228_burubon_01_.jpg

1袋に3グラム減らしました!とか、
心までみみっちくなるな!。

でも、スモールチェンジ!って横文字で言うと
なんかカッコイイけどな!。

経費高騰のためって、いっぺん値上げしたら、
経営順調!利益増大のため値下げしました!、
そんな例を見たことがない。上げたら上げたまんま。

ただでさえ少ないのに、レトルトカレーの20グラムって
大きいで!正直。

間もなく消費増税スタートなのだが、
軽減税率という訳のわからんもののために、
店舗ごとによって対応が変わってしまう事が必至となった。

今朝のテレビでも、持ち帰り、店内飲食同じ8%のまま
統一して、増税分2%は店側で負担しますという店も。

税務署の人々もなんだかんだ言いながら、
最終的には店側の判断に任せる…という姿勢のようだ。

政府はクレジットカードで支払えば、増税分、
いやそれ以上、ポイントで還元してあげます!、
などと甘い言葉をささやくが、騙されるなよ。
来年の6月までの一時しのぎやないか。

それにクレジットカード、スマホ決済などが使えない人の
救済法はなにひとつない。機器を扱えない弱者は切り捨て。
こんな不公平感を生む、税制があってよいものだろうか。

同じ商品に、ふたつの値段…。
このような摩訶不思議な現象が10月1日よりはじまるのだ。
これは夢でも魔法でもない。現実である。
nice!(52) 

大和高田市・さくらコットン、無農薬の綿花収穫始まるの巻 [名物さんご紹介]

大和高田市が特産化を目指す綿製品ブランド
「奈良さくらコットン」に使われる綿花の実が
はじけ始め、真っ白な綿が緑の畑を彩っている。

大和高田市勝目の阪本昌敏さん(60)の畑では
3日に今年の収穫が始まった。

同ブランドは地元の木綿産業復活のため、商工会議所や
地元有志が2007年に始めた。
100%地元原料を使う高級品で、商議所や賛同する企業、
農家などが無農薬栽培している。

阪本さんの畑では4月にまいた種から育った木綿が
7月に開花。「全て無農薬で手間はかかるが、特産として
安全安心な製品になってほしい」と話していた。

          引用元 毎日新聞奈良版(画像とも)
          撮影 稲生陽記者
a541d_1509_6de1e191_d8a98c2b.jpg

と、いう訳だ。

関係ないが、フェイスブックの本社が「いいね!」を、
なくす検討をしているらしいぞ。
so-netブログでいうところのnice!だな。

nice!はnice!で、アチコチで揉め事のタネになったり、
100円落としたとか、とてもナイスじゃない出来事に
ナイスるのはためらわれるというご意見をよく耳にするが、
この機能、なくなったらどちらさんが訪問して来て
下さったかわからずに困らなくない?。

厳密に解析ツールなどを使えば、わからなくもなかろうが、
そんな面倒くさいこと出来るかいな。

フェイスブックのいいね!って、非表示に出来んのん?。
ほぼ使ってないから、よくわからんけど。
上から与えられる指示待ちではなくて、いらん人だけ勝手に
自己廃止したらイイじゃん。

日本人の習性としては、やはり皆さんご一緒に廃止!が、
性に合ってるんかいな?。言い訳できるし。
フェイスブックのせいに出来るし。
nice!(25) 

奈良の新名物!101頭以上のシカが大集合する鹿だまり発生中の巻 [社会派]

厳しい暑さが続いた夏、奈良市では今年も大量のシカが
1カ所に集まる「鹿だまり」がよく見られた。

奈良国立博物館新館前の換気口近くでは、
100頭以上のシカが身を寄せ、うとうと。
観光客たちは足を止め、カメラを向けていた。

同館情報サービス室長の岩井共二さん(50)によると、
鹿だまりは夏の午後6~7時がピークで、9月に入ると
見られなくなってくる。

換気口からは館内の空気が出てくるが、
冷たい空気ではないため、岩井さんは
「何を目的に集まっているのか全く分からない」と話す。

佐藤宏明・奈良女子大准教授(生態系生物学)も
「(集まる理由は)まったくわからない」。

         引用元 朝日新聞奈良版(画像とも)
a541d_1509_6de1e191_d8a98c2b.jpg
最初は排気口から冷風でも出てるんかと思えば、
生ぬるい空気が出てるだけやて。
それでも外気よりは冷たく感じるんではなかろうか。

大体、奈良は人間より鹿が一枚上手やからな。
いきなり集団で激走をはじめたり、不可解な行動を
とるが、人間はいつも「原因はわからない」。

人間ごときに予測できるような行動を鹿の皆様が
取るハズがない!。

しかし、昨日夕方の雨、ハンパなかったな!。
あと3センチでウチも床下浸水するとこやったわ!。
危ない危ない。
ご近所ではニュースでよく見る、雨水を掻き出す風景が
ナマで見られてしまった…。

みなさまも集中ゴリラ豪雨にはご注意ください。
nice!(23)