So-net無料ブログ作成

献金発覚・高市早苗と同様、小林茂樹、奥野信亮も奈良市の業者と癒着していた?の巻 [社会派]

高市早苗総務大臣が代表を務める政党支部が
国と契約している業者から献金を受けていたとして
返金したことに関連し、奈良県に関係するほかの
2人の衆議院議員が代表を務める自民党の支部も、
同じ業者から献金を受けていたことがわかりました。
いずれの支部も返金するとしています。

公職選挙法では、国と契約を結んでいる企業などから
国政選挙に関連して献金を受けることは禁じられています。

高市早苗総務大臣が代表を務める政党支部では、
おととし10月の衆議院選挙の期間中に、
当時、国と取り引きのあった奈良市の寝具リース会社から、
30万円の献金を受けていたと報じられ、
19日、高市大臣は、公職選挙法には抵触しないとしつつも、
疑義を持たれるのは不本意だとして全額を返金しました。

これに関連し、NHKが県に関係する衆議院議員の
政治資金収支報告書を調べたところ、
▼奈良1区選出の小林茂樹氏が代表を務める
「自由民主党奈良県第一選挙区支部」が100万円。

▼比例代表選出の奥野信亮氏が代表を務める
「自由民主党奈良県衆議院比例区第一支部」が
50万円の献金を同じ企業から同じ時期に
受けていたことがわかりました。

いずれの支部も公職選挙法には抵触しないという
認識を示したうえで「疑義を持たれてはいけないので
道義的な観点から近く全額返金する」と話しています。

                引用元 NHK奈良
ダウンロード.jpg

返したからもういいの。

いちいちうるせぇんだよ。
政治に金は必要不可欠。闇金も必要悪。
でも、うるせぇから返すわ。もうヤイヤイ言うな。
返したんだから。

この奈良市の天下りいっぱいの寝具リース業者というのも、
公表するべきだな。献金してくれる優秀業者として。
nice!(17) 

nice! 17