So-net無料ブログ作成

大阪・泉の広場の美少年像が奈良県橿原市に引っ越してくる!の巻 [社会派]

待ち合わせの定番スポットとして親しまれてきた
大阪・梅田の地下街にある「泉の広場」。
そのリニューアル工事に伴い撤去された少年像の
オークションが行われ、9月20日に落札者が発表されました。

大阪・北区の「泉の広場」を長年見守ってきた
『大理石製の少年像』。
その撤去を惜しむ声の高まりから地下街の運営会社が
今年8月にオークションを開催しました。
無題.jpg

美術品のオークションは一般に作家の知名度や制作の
経緯などが落札価格を左右し、今年4月に
アメリカ・ニューヨークのオークションで落札された
大理石像は約5億円の値が付きました。
無題.jpg

一方、同じ大理石像でも、泉の広場の少年像は作者や
制作の理由などが不明で、いわば広場を利用した人たちの
“思い入れ”で落札価格が決まる特別なオークション。

少年像の落札価格は『121万5000円』で
奈良県橿原市に住む82歳の男性が
65件の入札の中から見事少年像を勝ち取りました。

男性は少年像を奈良県橿原市内の空き地に
誰でも見られる形で設置する予定だということです。

           引用元 MBSテレビ(画像とも)
無題.jpg


薄汚いオッさんの銅像が5億円と聞かされた後では、
121万円ならお買い得に感じるから実に不思議。

特に関西人なら、泉の広場を上がったところの
ハギヤ整形とともに、忘れたくても思い出せないほど、
刷り込まれているものなので、その「思い」込みなら安い。

橿原市のどこに置かれるのであろうか?。続報が待たれる。
nice!(21) 

nice! 21